フッ素樹脂 明興工業株式会社

SITEMAP

Language

lang1

lang2

メール問い合わせ

tel0766-53-1180

FAX

流動解析 技術情報

流動解析とは

流動解析とは、射出成形機から金型内に射出された樹脂がどのように流動し、充填されていくかを3Dで解析することです。

流動解析により、流動パターン・樹脂圧力分布・樹脂温度分布・ウェルドライン発生位置等を予測することが可能です。

金型内の樹脂は、実際に流れているところを見ることができません。そのため、金型内部の溶融樹脂の流れを計算して充填不良やウェルドラインなどの成形不良を予測したり、冷却不良箇所の特定や離形後の収縮・反り変形の発生個所を予測したりします。

これにより、問題発生の可能性を早期に発見でき、有効な対策を短期間・低コストで講じることができます。

※流動解析はあくまでも3Dシミュレーションによる推測結果であり、実際に成形した際の、形状や品質を保証するものではありません。

流動解析カタログのダウンロードはこちらをクリック

流動解析の特徴

製品設計において、形状検討段階で予測される不具合を検証することができます。
また、金型設計におけるゲート位置など金型構造の妥当性の検証にも役立ちます。

ウェルドライン位置の制御
ウェルドラインを出したくない位置を指定すると、最適なゲート位置を計算します。
型締め力の低減  
必要最低限の締め力を計算します。
反り低減
反りに有効なゲート位置や肉厚を計算します。
充填バランス
多点ゲート時の充填バランスのいいゲート位置を割り出します。
多数個取りの製品の充填バランスのいいゲート・ランナーの大きさを計算します。

解析の種類

充填解析

・流動パターンからウェルドの位置・ガスベントの位置を予測できます。
・必要型締め力の予測ができます。
・圧力結果からバリの予測ができます。
・金型内部の樹脂温度を予測できます。

保圧冷却解析

・樹脂温度や圧力、冷却時間から成形後の収縮歪みを予測できます。
・ゲートシール時間の算出により、必要保圧時間を想定できます。
・成形サイクルの予測が可能です。温度結果からヒケの予測ができます。

繊維配向解析

・繊維の向きや長さ・密度から、成形品の強度を予測できます。

反り変形解析

・収縮率・変位率・ヒケ・真円度・平面度の解析ができます。

インサート解析

・樹脂流動によるインサート物の変形を予測することができます。
・一体状態でのキャビティ収縮とインサート物の剛性を考慮した収縮・そり変形を  予測することができます。

※インサート解析をするには、上記、充填解析、保圧冷却解析、(繊維配向解析)、反り変形解析 の解析結果が必要となります。

解析の例(充填解析)

お問い合わせはこちらをクリック