明興工業株式会社

SITEMAP

Language

lang1

lang2

メール問い合わせ

tel0766-53-1180

FAX

よくある質問

よくある質問

Q1.PTFEで原料指定は可能ですか?またコンパウンドも可能ですか? A.原料指定もコンパウンドも可能です。メーカー別、グレード別に選定可能です。また自社でコンパウンドも行っております。

→直圧式圧縮成型 →コンパウンド →お問い合わせ
Q2.フッ素樹脂以外の成形は可能ですか? A.当社はフッ素以外にもスーパーエンプラ・エンプラ製品を製造しております。

→射出成形 →お問い合わせ
Q3.金属部品、マグネットなどをフッ素樹脂にて完全被覆(ライニング)することは可能ですか? A.可能です。
接合(溶接・溶着)、インサート成形での実績が有ります。

→射出成形 →お問い合わせ
Q4.樹脂製品の内部を特殊形状で製作可能ですか? A.PTFE部品内部が特殊形状の実績が有ります。他樹脂でも積極的に挑戦いたしますのでまずはお問い合わせください。

→お問い合わせ
Q5.検査体制がしっかりしている業社にお願いしたいのですが。 A.当社はISO9001を認証取得しており、徹底した品質管理体制を行っています。検査機器、試験機ともに豊富に取りそろえております。

→徹底した品質管理体制 →お問い合わせ
Q6.樹脂の素材物性評価はどのように行われていますか? A.比重測定、引張強度試験、伸び試験など様々な検査・試験が可能です。

→徹底した品質管理体制 →お問い合わせ
Q7.ボイドがない素材で製品を製作してほしい。 A.素材製作方法により対応できます。

→アイソスタティック成形 →お問い合わせ
Q8.300Lの長い素材からの製品を製作してほしい。 A.等圧(プレス)成形で長尺素材を製作することができます。

→ドライバック成形  →アイソスタティック成形 →お問い合わせ
Q9.金属部品を軽くて丈夫なものに変更したい。A.ACMを利用してカーボン繊維強化プラスチックなどを製作することが可能です。

→ACM →お問い合わせ
Q10.接合剤や接着剤を使わずにフッ素樹脂(特にPTFE同士)を接合できますか? A.PTFE同士の溶着が可能です。またPFA溶接も対応可能です。

→溶接・溶着 →お問い合わせ
Q11.フッ素樹脂で部品の製作からAssyまで出来ますか? A.可能です。素材から部品加工、最終製品(組立)迄の生産実績が有ります。

→お問い合わせ
Q12.小ロットや即納に対応してほしい。またコストを抑えてほしい。 A.当社は様々な形でコスト削減や納期短縮のご提案をいたします。

→お問い合わせ
Q13.他の樹脂と比較したいのですが(物性一覧が見たいのですが)。 A.※リンク先ページをご覧ください。

→お問い合わせ
Q14.フッ素樹脂のことをもっと知りたい。 A.※リンク先ページをご覧ください。
→フッ素樹脂とは? →フッ素樹脂製品の性質と用途例

もっと樹脂について知りたいという方は当社までお問い合わせください。
→お問い合わせ
Q15.海外での製造依頼も可能ですか? A.可能です。当社は中国に合弁会社を設立しています。

→海外拠点 →お問い合わせ