フッ素樹脂 明興工業株式会社

SITEMAP

Language

lang1

lang2

メール問い合わせ

tel0766-53-1180

FAX

溶着 技術情報

溶着とは

当社で対応可能な溶着技術を紹介します。

・焼成溶着
焼成溶着は熱と圧力を利用した溶着方法です。
電気炉内で対象物を加熱した際の熱膨張力を利用して部品同士を結合させます。
溶け量が多いため立体面でも対応しやすく気密をとりやすいという特徴があります。

・レーザー溶着
レーザー溶着は、レーザー光により発生した熱エネルギーで対象物(ワーク)を非接触に溶融させる溶着方法で、半導体レーザーの普及により注目を浴びています。代表的な「レーザー透過溶着法」は、レーザー透過性樹脂とレーザー吸収性樹脂を重ねてレーザー透過樹脂側からレーザーを照射 する事で吸収性樹脂(界面)で発熱させて溶着します。
高速・高強度・気密性の高い接合を可能にし、対象物の仕様、形状に合わせて使い分けることも出来ます。

当社では、産官学のコンソーシアムに参画し、レーザー溶着技術のさらなる応用を進めています。



先端レーザー樹脂溶着技術・推進コンソーシアムの詳細はこちら


お問合せはこちらをクリック