明興工業株式会社

SITEMAP

Language

lang1

lang2

メール問い合わせ

tel0766-53-1180

FAX

PTFEとは?

PTFEとは?

フッ素樹脂の中で最も多く使用されているのがPTFEでフッ素樹脂全需要の60%を占めています。
PTFEはポリテトラフルオロエチレン(Poly Tetra Fluoro Ethylene)と言われ、フッ素原子と炭素原子のみからなるフッ素樹脂です。 PTFEはデュポン社によってテフロンと商品化されました。主に工業用としての用途が多いですが、生活の中でも見かけることができます。 皆さんが良く目にするフライパンはフッ素樹脂でコーティングされています。
連続使用温度260度という過酷な温度下での使用に耐えられ、高い耐熱性を持っています。-240℃にも耐えることができ、低温にも強い樹脂です。固体の中で最小の摩擦係数を持っており自己潤滑性にも優れています。
また、他の物質と化学反応を起こさないため、すべての溶剤に関しても溶解しません。これはフッ素原子のもっている強い化学結合力によるものです。


PTFEの分子構造

重合度:1万~数10万
融点:327℃(成形品)
粘度:1010~1011ポイズ(380℃)
最高連続使用温度:260℃

PTFEの加工方法

PTFEは溶融時の粘度が高いために、粉砕粉末を圧縮成型した後、融点以上で加熱融着(焼成)して成型します。 その後切削加工などで必要な形状に加工していきます。 PTFEは融点以上の温度に上げると、白色不透明の状態から半透明になります。この状態はゴム状弾性体にとどまって流動性を示しません。 このため汎用プラスチックなどに用いられる押出成形法、射出成形法をすることはできません。 主な成形方法としては圧縮成型法、液圧(アイソスタティック)成形法、ラム押出成形法があります。

圧縮成型法はこちら

PTFEの用途

パッキン、ガスケット、バルブシート、軸受、各種電気部品、継手、ノズル、チューブ 機械加工品用途例はこちら

PTFEの物性表

特 性 単 位 試験法 PTFE

融点

JIS
K6935

対応ISO
12086

ASTM
D4591

327

密度

g/㎤

K7112

1183

D792

2.13-2.20

引張強さ

MPa

K7162

527

D638

20-35

伸び

%

同上

200-400

ロックウェル硬さ

[Rスケール]

K7202

2039

D785

R20

ショア硬さ

[Dスケール]

K7215

868

D2240

D50-55

曲げ弾性率

GPa

K7171

178

D790

0.53-0.58

引張弾性率

GPa

K7161

527

D638

0.40-0.60

動摩擦係数

[0.69Mpa,3m/min]

K6935

 

D1894

0.1

熱伝導率

w/m・K

A1412

8302

C177

0.23

最高使用温度

K7226

2578

 

260

耐アーク性

sec

 

 

D495

>300

吸水率

%[24hr]

K7209

62

D570

0.01

難燃性

[3.2mm厚]

K7140

1210

UL-94

V-0

限界酸素指数(L01)

 

K6935

4589

D2863

>95

耐薬品性

アルカリ
有機溶剤

 

 

 

D543

 

超優秀
超優秀
超優秀

超優秀:ほとんどの薬品、溶剤に過酷な条件下でも侵されない。   
優秀;一部の薬品、溶剤には特定の条件下では使用を留意する必要がある。   
秀:使用する薬品、溶剤、使用条件を詳細に検討する必要がある。 
良:一部の溶剤に溶ける。

                                                                                                         出典:日本弗素樹脂工業会 ハンドブック改訂13版