フッ素樹脂 明興工業株式会社

SITEMAP

Language

lang1

lang2

メール問い合わせ

tel0766-53-1180

FAX

ドライバック成形 技術情報

ドライバック成形法とは

水圧を利用し、水中で行われる成形法のアイソスタティック成形に対し、ドライバック成形法は、空気中で行われます。そのため、湿式加圧に対し、乾式加圧成形とも呼ばれます。
直圧成型と違い、上下の圧力ではなく、素材の周囲に圧力をかけて固めるため、直圧成型より長い素材を生成することができます。

直圧成型は、上下からの圧力により、素材を成形するため、長い素材を成形する際は、中心部に圧力が届きにくくなります。 それに比べて、ドライバック成形機の等方圧プレス機は、横から の圧力を加えることができるため、長い素材でも圧力が中心部に 届きます。 また、直圧成型に比べて、多数個取りが可能なため、生産効率 が優れています。

具体的な成形方法は、型はゴムかプラスチックで、圧力媒体は液体(グリセリン・油)を用いて行います。
原料パウダーをゴム袋に封入し、圧力容器内の液体を利用して加圧成形する方法です。
少量多品種の生産や大型製品の成形法として利用されています。


ドライバック成形の特徴

直圧成形では実現できない300Lまでの大きいサイズの素材成形が可能。
均一に圧力を加えることにより、機能性が安定する。


お問合せはこちらをクリック