フッ素樹脂 明興工業株式会社

SITEMAP

Language

lang1

lang2

メール問い合わせ

tel0766-53-1180

FAX

機械加工 技術情報

フッ素の切削加工(機械加工)とは

圧縮成型で押し固めたフッ素の素材を機械で切削することにより製品化していきます。
フッ素の素材(棒、スリーブ、板、管等)を工作機械で切削しますが、PTFEの性質を理解し、特性を考慮した上で切削加工を実施する必要があります。
PTFEは熱可塑性樹脂であり、その融点は未焼成状態で約340℃、焼成された成形品で327℃です。 予備成形品を融点以上の温度に上げると、白色不透明の状態から半透明になります。この状態ではゴム状弾性体であり、流動化しませんので、PTFEは射出成形できず、圧縮成形後、切削加工し、製品化しなければなりません。

PTFEは柔軟性、弾力性があり、熱伝導率が小さく、熱膨張率が大きいという性質があります。
20℃付近では体積変化が1%~2%あるので加工時には特に注意が必要になります。
機械加工で仕上げる場合、通常の許容誤差は加工方法やサイズにより異なります。
加工精度は工具の影響や樹脂の残留応力の影響、樹脂素材の成型方法の影響を受けるため、さらに寸法精度の高い製品を必要とする場合は、粗加工後、素材を予想される使用温度より高い温度に加熱しアニール後、機械加工する等、特別な対応をしています。

当社はフッ素樹脂(PTFE、PFA等)やエンプラ(ベスペル、PEEK、POMなど)の切削加工を得意としています。
高度に洗練された加工技術・複合技術で、多種多様な用途の製品を加工し、お客様の要望にお応えしていきます。
汎用機、NC、マシニングセンター、専用機など各種機械を取り揃え、治工具に当社の技術を加えて大物から超精密加工まで行います。


お問合せはこちらをクリック

機械加工の特徴

射出成形と比べて

・肉厚の不均一な製品が製作可能。
・金型を使用しない為、小ロットから対応可能。
・射出成形品よりも精密な製品が製作可能。

PTFEの物性データ

実用例および用途

機械切削で均一で精工な加工も可能です。
ダイヤフラム、ベローズなどの肉薄切削や難易度の高い切削もお任せください。

ベローズ(断面図)
※20倍写真(厚さは0.8mm程度)
ベローズ(断面図)
※10倍写真(厚さは0.4mm程度)
ダイヤフラム
※10倍写真
ダイヤフラム(断面図)
※30倍写真(厚さは0.5mm程度)

お問合せはこちらをクリック