明興工業株式会社

SITEMAP

Language

lang1

lang2

メール問い合わせ

PTFEとは?

PTFEとは?

・PTFEは、フッ素樹脂の中で最も多く使用されており、フッ素樹脂全需要の60%を占めています。
・PTFEは、デュポン社によってテフロンという名称で商品化され、主に工業用として使われていますが、フライパンのフッ素コートなど生活の中でも見かけることができます。
・PTFEは、過酷な環境下でも使用でき、優れた特性を持っています。

→フッ素樹脂の特性と用途例はこちら

PTFEの分子構造

重合度:1万~数10万
融点:327℃(成形品)
粘度:1010~1011ポイズ(380℃)
最高連続使用温度:260℃

PTFEの加工方法

PTFEは溶融時の粘度が高いために、粉砕粉末を圧縮成型した後、融点以上で加熱融着(焼成)して成型します。
→圧縮成型法はこちら
PTFEは融点以上の温度に上げると、白色不透明の状態から半透明になります。この状態はゴム状弾性体にとどまって流動性を示しません。 また、融点以下に温度が下がると、当初の白色不透明の状態に戻ります。 ptfe1 圧縮成型後、切削加工などで必要な形状に加工していきます。 PTFEの主な成形方法としては、圧縮成型法、液圧(アイソスタティック)成形法、ラム押出成形法などがあります。 詳しくは、日本弗素樹脂工業会のHPをご覧ください。 →日本弗素樹脂工業会のHPはこちら

PTFEの用途

パッキン、ガスケット、バルブシート、軸受、各種電気部品、継手、ノズル、チューブ

機械加工品用途例はこちら

PTFEの物性表

特 性 単 位 試験法 PTFE

融点

JIS
K6935

対応ISO
12086

ASTM
D4591

327

密度

g/㎤

K7112

1183

D792

2.13-2.20

引張強さ

MPa

K7162

527

D638

20-35

伸び

%

同上

200-400

ロックウェル硬さ

[Rスケール]

K7202

2039

D785

R20

ショア硬さ

[Dスケール]

K7215

868

D2240

D50-55

曲げ弾性率

GPa

K7171

178

D790

0.53-0.58

引張弾性率

GPa

K7161

527

D638

0.40-0.60

動摩擦係数

[0.69Mpa,3m/min]

K6935

 

D1894

0.1

熱伝導率

w/m・K

A1412

8302

C177

0.23

最高使用温度

K7226

2578

 

260

耐アーク性

sec

 

 

D495

>300

吸水率

%[24hr]

K7209

62

D570

0.01

難燃性

[3.2mm厚]

K7140

1210

UL-94

V-0

限界酸素指数(L01)

 

K6935

4589

D2863

>95

耐薬品性

アルカリ
有機溶剤

 

 

 

D543

 

超優秀
超優秀
超優秀

超優秀:ほとんどの薬品、溶剤に過酷な条件下でも侵されない。   
優秀;一部の薬品、溶剤には特定の条件下では使用を留意する必要がある。   
秀:使用する薬品、溶剤、使用条件を詳細に検討する必要がある。 
良:一部の溶剤に溶ける。

                                                                                                         出典:日本弗素樹脂工業会 ハンドブック改訂13版

PTFEに充填材を加えることで、性能を改善することができます。

→充填材入りPTFEの物性はこちら

→機械加工の技術情報はこちら